出版に関する専門知識

出版に関する専門知識について学んでいきましょう。

なかなか知る機会も少ないと思いますので。

今回は本文の文字の大きさについて、ご紹介します。文字の大きさの基準は、ポイント2種類と級数があります。JISで決められているアメリカンポイント、1ポイント=0.351mmとDTPで使われている1ポイント=0.3528mm、写真植字からきている1級=0.25mmの3種類の基準です。 DTPに慣れていない方は、Microsoft officeのポイントが良くわかるかと思います。DTPに詳しい方だと級数でフォントサイズを指定することもあります。 文字の大きさは基本的には9ポイント(13級)以上が望ましいです。下限は7.5ポイントですが、このサイズのフォントをメインの本文に使うとかなり小さい文字の印象を受けますので、注などの文字に使用します。 本のサイズ(判型)が大きくなれば文字を大きめにし、小さければ小さめにするのが良いと思います。例えば、四六版サイズやB6、A5サイズではフォントサイズを9ポイントくらいにするのがお勧めです。A4、B5サイズであれば、10~11ポイントあっても問題は無いかと思います。とは言っても、デザイン上、あえてフォントを大きくする場合もありますので、一概にはこれが良いとは言えませんが、フォントサイズの下限があることは知っておいた方がよいでしょう。