フォントをPDFデータ内に埋め込む

最近ではほとんどのパソコンにPDFに変換できるソフトが入っているのではないでしょうか?PDFは印刷に適したデータで、フォントをPDFデータ内に埋め込む事ができます。 フォントとは、パソコンの中に搭載されていて、私たちはそれを意識せずにWordで原稿を作成する際にMS明朝とかMSゴシックとかを指定します。このMS明朝やMSゴシックがフォントになります。 MS明朝やMSゴシックであれば、大体のパソコンに搭載されているのでパソコン環境が変わっても見ることができます(但し、Windows-Macだと異なる場合あり)が、特殊なフォントを使用するとパソコン環境が変わるとそのパソコンにフォントが無いと入れ替わったり、文字化けしたりします。 その場合はPDFに変換をするとフォントが埋め込まれてどのパソコンでも指定のフォントで確認できたり、印刷できたりします。従って、印刷するときにPDFでの入稿が指定されます。 PDFにフォントが埋め込まれているかを確認する時はPDFを開いて「ファイル」-「プロパティ」-「フォント」タグを開くとわかります。そのPDFに使用しているフォントがずらっと並びます。そのフォントの名前の横に「埋め込みサブセット」と書いてあれば、フォントが埋め込まれている証拠です。 全てのフォントが埋め込まれていれば文字化けする心配はないでしょう。