本のある生活、それは癒しの空間を演出する

本のある空間は癒しを演出してくれます。
すぐそばにある、現実から遠ざかることができる空間が本だといえるでしょう。

その一冊という小さな空間ですが、ページをめくりますと、世界は広がり、自宅の書斎やベッドルーム、どんな空間からでも世界に向かって広がっていくことができるのです。

閉じ込められた空間や、時間の中で、本から広がる新しい空気と世界からやってくる癒しは貴重な存在として私たちの生活に役立っています。
例えば居心地の悪い空間がありましても、そこに本があればシチュエーションは異なります。

本から広がる癒しや世界の広がりは人々にとってなくてはならない救いということもできるでしょう。字を読むことによる贅沢な暮らしと楽しみは特権的な幸せでもあります。

しかし、文字が全く読めないという苦境にあっても、写真や絵画といった芸術性の高い書物を楽しむことが可能です。
本から始まる癒し、芸術、学問、といった生活向上の可能性は自宅の本棚から無限に広がっているといえるでしょう。