本棚に並ぶ本を見て思うこと

若い頃に比べると本を読むペースが落ちてきた、と感じることがあります。とはいえ、本を読まない人が増えているそうなので、世間一般の基準で考えるとまだまだ自分は本を読む方だし、本もよく買う方だと思います。買うのはもっぱら文庫本ですが、若い時は文庫になるのを待ちきれず、ハードカバーの単行本を買ったこともありました。買ってはみたけれど、あまり好みに合わなかった本は、友人にあげたり古本屋に持ち込んだりしましたが、また読むかもしれないと思った本は段ボール箱に詰めて押し入れにしまってあります。なので、部屋の本棚に並んでいるのは、買って間もない本と、今でも時々繰り返して読むお気に入りの本が中心です。
何歳の時にどこそこの本屋で買った、とはっきり覚えているものや、図書館で借りて読み、とても面白かったので文庫になった時に買った、というものも少なくありません。壁面収納の本棚の文庫本を眺めていると、自分だけの歴史を思い出すような気持ちになり、それもまた、本の奥深さのように思います。